満寿屋パン MASUYA scince 1950

2017/05/14

レシピその1 玄麦と豆のサラダ

レシピその1 玄麦と豆のサラダ

今回のお便りに同封しましたのは約25グラムの「春よ恋」です。

日本ではまず玄麦を食べる習慣がないと思いますが、ヨーロッパでは普通にサイドディッシュとして食べられています。
s_P1190249 (2).JPG
そのまま塩茹でしたものをシンプルに食べたり(フランス)と、多様な食べ方があるようですが、今回の25gという限られた量でおススメなのが「サラダ」です。

英語では玄麦をWheat Berryといいます。ベリー、そうフルーツの一種の名が与えられているんですが、実際には塩茹でした玄麦をそのまま食べると、ナッツのような味がしますので、メインよりは他のサラダの材料と合わせて使う事にしました。

2人分 Wheat Berry Beans Salad
・玄麦 25g
・パックの豆 100g
・ベビーリーフ 50g
・塩 小さじ2

ドレッシング
・オリーブオイル おおさじ2
・すし酢(便利!)おおさじ2
・ブラックペッパー 少々
・塩または岩塩 ひとつまみ
・乾燥バジル 少々

■玄麦を塩茹でします。
事前に5時間以上水に漬けておくと、若干柔らかくなるようですが、全然豆のようにはいきません。なんといっても茶色の固い外皮が原因です。
好みにもよりますが、食べられる柔らかさになるまでにおよそ50分かかります。固いのはちょっと、という方は火に入れる前に一日麦を水に浸ければほぼ中まで水が浸透します。

1.玄麦を洗って、小さい鍋に入れ、塩と十分な水を注ぎます(およそ5センチぐらい)
2.ふたはしないで中火以下でコトコトする感じの火加減で煮ます。
s_salad-b (2).JPG
3.40分過ぎたあたりから、割れてくる麦が出てきますので、それを含むもの2、3粒を食べてみて、芯がなくなっているようであればお好みの硬さで火を止めます(ネチっとした食感です)。
4.お湯は捨てて、冷水で洗い、熱を取ります。

■材料を合わせます
パック豆(いろんな種類があれば彩が良くなります)と玄麦とドレッシングを合わせます。味見をして、塩とブラックペッパーを加えます。
s_salad-o (2).JPG
最後にベビーリーフを合わせて完成。
s_salad (2).JPG

玄麦をナッツ感覚で合わせたサラダで、玄麦の食感がアクセントです。食物繊維やいろんな栄養素も一緒に頂けるのでこれからの暑い季節にぴったり。麦を茹でる時間はいりますが、麦をそのまま食べられるとても簡単な方法なので、ぜひお試しください。玄麦も珍しいのでお友達や家族に麦の事を知ってもらえる機会としてもおススメです。


また続けて
・玄麦の麦茶
・麦ごはん
のレシピをアップする予定ですので、お楽しみに!

Wheat Reports by Farmers

農家さんからのレポート