満寿屋パン MASUYA scince 1950

2018/06/01

小麦畑でインタビューをしてきました

小麦畑でインタビューをしてきました

只今続々と小麦畑のパートナーシップ制度へのご登録を頂いております。

ありがとうございます。

先日小麦畑の成長状況や、小麦の話しを聞きに小麦畑の中で農家さんにインタビューをしてきました。
インタビューアーは皆さんのパンを作る職人、岡田さんに務めて頂きました。
因みに、音更町にある弊社木野工場の工場長です。

いまのところ十勝は春の雪解けと気温や天候に恵まれて、順調に小麦が育っているとの事です。

■小麦の成長状況
十勝の小麦は、秋まきも春まき小麦も大体必要な葉が出そろって、葉の根本に麦穂の赤ちゃんが育つ「幼穂形成期」を迎えています。
秋播き小麦(キタノカオリ(マッシュ小麦)やディンケル小麦は穂がある程度大きくなって、もうすぐ茎から顔を出す勢いです。

小麦の麦穂の赤ちゃん「春よ恋」麦穂の赤ちゃん(指の先に三角の小さい穂が見えます)。

これからこの小さい穂が育って、小麦にとっては重要な「開花」と「受粉」の時期(6月中旬~下旬)を迎えます。
この時期の天候は特に小麦の実に大きな影響を与えるとの事です。

それでは、これからもできるだけ十勝の今をお伝えしていこうと思いますので、よろしくお願いいたします。

インタビューは全て動画で撮影していますので、近日中に特別ページでアップしたいと思います。

Wheat Reports by Farmers

農家さんからのレポート