Blog of MASUYA
Bread and Wheat Creation Press Journal

スタッフおすすめパンブログ第124弾「音更店のバターフランス」

January 25, 2018

みなさんこんにちは!

今回パンブログを担当させていただく、音更店販売の波多野です!

私が今回紹介させていただくパンは 「バターフランス 」です!

180125_バターフランス.jpg

一見シンプルなパンですが、沢山こだわりがあるんです!

そのこだわりについて説明させていただきます。

バターフランスに使っているバターは北海道産のよつ葉のバターを使用しており、またバターの使用量は20%以上と社内では音更店のバターフランスが一番多く、贅沢に使われています。

ちなみに生地の小麦は音更産のキタノカオリが使われています!

最も重要なものは、バターフランスの上にかけられている普通の塩よりも溶けにくい岩塩なんだそうです!

岩塩をバターフランスの上にかけた後、時間を置きすぎてしまうと生地とともに岩塩も膨らみ、見栄えが悪くなってしまいお店に出せなくなってしまうため、最も重要なんです。

 

音更店で一番人気のバターフランス。

バターがふんだんに使用されており、味も風味も豊かで焼き面がパリっとしており、バターがお好きな方にとてもおすすめの商品です。

ちなみに私の家族もこの商品をお店に行くと毎回購入するほど大好きな商品です!

 

また音更店では、バターフランスのもう一つの商品として「アンバターフランス」という商品があります!

実はアンバターフランスに使われているあんこにもこだわりがあるんです。

ますやで使われているあんこは全て音更店で作られています。

ちなみに、米粉クリーム、コロネなどに使用されているチョコレートクリーム、エンドウパンの餡も音更で作られており大事な役割を行なっています。

今回、あんこに長く携わっている野原さんにお話を伺いました!

小豆は全て十勝産で、十勝の様々な農家さんの小豆を使用しています。

あんこを作る中で気をつけていることをお聞きしたところ、あんこは水の量で硬さや柔らかさが変わってしまうこと、また水の量は何ℓなど決まっていなく、一気に全て入れずに少しずつ慎重に入れているとのことでした。

水の量が決まっていなくてもおいしいあんこを作っているのはまさに職人の技です!

 

若い方からお年寄りの方までどの層にもお手頃に食べていただける商品だと思います。

みなさんぜひご賞味ください…!