満寿屋パン MASUYA scince 1950

masuya

満寿屋商店ノンフィクションストーリー本ついに出版!

 

この度、満寿屋商店が

街の小さなパン屋から全商品十勝産小麦100%使用の

大規模ベーカリーになるまでを綴った

ノンフィクションストーリー

「世界に一軒だけのパン屋」が小学館より出版されます。

 

「世界に一軒だけのパン屋」ポスター.jpg

 

「全商品十勝産小麦100%使用」

当時は外国産小麦パンが主流で、国内産の小麦はうどん用。

「皆が安心して食べられるパンを提供する」という先々代の夢は

パン用の小麦を農家さんに作ってもらうことから始まる

非常に道の険しいものでした。

 

三代にわたって「十勝産小麦100%」を成功させた

満寿屋商店の歴史と背景にある日本の食糧問題、

これからの満寿屋商店としての将来像などを描いた物語です。

 

今回の出版を記念して、

オリジナルのクロワッサン型本のしおりをご用意。

満寿屋商店全店で2回使用できる100円引きクーポンとなっております。

(取り扱い:満寿屋商店全店・帯広市内一部書店)

本のしおり.jpg

 

この機会に是非お手にとってご覧ください。

 

■好評発売中■

タイトル:「世界に一軒だけのパン屋」

値段:1600円+税

出版:小学館

著者:野地秩嘉氏

販売:全国書店・満寿屋商店全店(仕入れは少量数となりますので各店へお問い合わせください。)

 

 

 

 

Share With Social Mediafacebooktwittergoogle+