満寿屋パン MASUYA scince 1950

 	黄金色の小麦畑・見渡す限りに広がる作物が芽吹く緑色の畑。 	小麦を始めとした農作物が豊富な農業大国十勝。 	満寿屋商店のパン作りにには欠かすことができない、十勝の光景です。 	その十勝という地で、...

1/27(木)オンライン講演会「パンで創る北海道・十勝の未来③」

黄金色の小麦畑・見渡す限りに広がる作物が芽吹く緑色の畑。
小麦を始めとした農作物が豊富な農業大国十勝。
満寿屋商店のパン作りにには欠かすことができない、十勝の光景です。

その十勝という地で、地産地消のパン作りにこだわり続ける理由、
今と変わることのない十勝の未来を創るために、パンを通じて私たちが取り組む事をお伝えする講演会、3回目を開催いたします。

3回目のテーマは、「地産地消のパン作り・十勝産小麦の価値を高めるには」
「外国産の小麦ではなく、目前に広がる地元十勝の小麦畑の小麦を使ってパンを作りたい」
そんな想いから地産地消への取り組みが始まったのは、今から30年ほど前。
23年もの月日をかけ、満寿屋商店は2012年に念願の「十勝産小麦100%使用」を実現しました。
日本の多店舗ベーカリーで、地元の小麦だけを使用してすべてのパンを作っているのは、現在満寿屋だけです。

小麦がパンとして食べられるまでの過程に、たくさんの人が関わっており、そこにはそれぞれの想いがこめられています。
特に小麦の生産者さんは、パン作りに欠かすことができない原材料の作り手でもあり、満寿屋のパンを食べてくれるお客様です。
満寿屋が考える本当の「地産地消」は、地域発展や地域資源の循環も生み出しています。

「パン作りを通じて、生産量日本一の十勝産小麦の価値を高め、十勝の魅力を伝え、十勝の未来を創りたい」
十勝産小麦100%・地産地消のパン作りを続ける、満寿屋商店の変わらない想いです。
十勝産小麦の価値を伝える為に満寿屋が取り組んできたこと、そこから気づいた大切な事、これからの未来に向けての課題や叶えたい想い。
オンライン講演会で、皆様にお話し致します。
皆様のご参加を、ぜひお待ちしております。

 

講演会テーマ:「パンで創る北海道・十勝の未来③」
~地産地消のパン作り・十勝産小麦の価値を高めるには~
講演者:株式会社満寿屋商店 代表取締役社長 杉山雅則
日時:1月27日(木)19:00~19:45
講演方式:ZOOMによるオンライン講演
参加費:無料(要予約)
お申込み:↓講演会参加申し込みフォーマット↓
http://www.masuyapan.com/contactform.php

Share With Social Media